ユメを現実に。創造をカタチに。私たちドリームクリエイトの想い

There is always light behind the clouds
雲の向こうは、いつも青空。

If you can dream it, you can do it
夢見ることができれば、叶えられる。

 

きっと誰にでもあったはずです。いつか、叶えたかったもの。ずっと、思い描いていたもの。心のどこかに置き去りにしてきたもの。
そして、いつからでしょうか。日々の暮らしの中で、諦めてしまったのは。そういったものがあったことさえ忘れてしまったのは。

私たちドリームクリエイトは、そんな夢や思いをどうやったら創造できるかを考えています。それが、会社の名前にもなっています。人は今まで、常に何かを考えて想像して創り出してきました。それがテクノロジーに進化し発展してきたのです。人とテクノロジーの融合で、不可能を可能にする。ちょっと大胆ですが、こんなふうに考えています。

 

取り扱い商品一覧

デザインのこと、場所のこだわり

デザイン、というお仕事

クリエイティブな環境がここにはあります。

デザイン、と一言で片付けてしまうのはとてもカンタン。ですが、本当はとても奥深いものです。デザインは姿や形をキレイにするものではありません。見る人にとって、触れる人にとって最適なものを考えて結果を出すこと。それがデザインです。私たちのデザイナーは譲れないこだわりをもって魅力的なプロダクトを生み出しています。今やデザインを司るツールもテクノロジーの一端です。お客様のニーズに応えられるクオリティとコストの両立もデザインです。幅広い選択肢をご用意していますので、お気軽にご相談ください。

旭川は周りを山に囲まれた上川盆地に位置しており、周辺には美瑛や富良野といった北海道を代表する観光地に囲まれたとても立地条件のよいロケーションです。北海道第2の都市であり、普段の生活であっても何ら支障はありませんし、何よりも災害のリスクが少ないことが特徴に挙げられます。私たちはこういった旭川のメリットを最大限に生かし、東京では実現することのできない低コスト、クリエイティブな環境を実現しています。もちろん、使用するツールや環境は東京と何ら変わりはなく、アウトプットされるクオリティも同じです。

ロゴに託したこと

ロゴの中には象徴的なカラーとして「紫」を取り入れています。紫は、日本では太古より高貴な色として使われてきました。禁色(きんじき)として身分によって使うことを制限されており、国技として長い歴史をもつ相撲の世界でも、最高位の横綱や大関、立行司以外は使用してはならない色とされています。青と赤が混ざり合ってできた紫は、感性が鋭くインスピレーションが高まる色。妥協のない最高のモノを創り出すためにぴったりのイメージカラーなのです。
そして4つの四角形は、私たちの経営理念でもある「挑戦」「継続」「成長」「チャレンジ」を表しており、それぞれはどこまでも繋がっていく無限の可能性を示しています。この4つの確固たる土台をもって、様々な分野で羽ばたきたいという思いが込められているのです。

MEMBER

 

Yoneta

代表


 

Hamada

クリエイティブデザイナー


広告・マーケティング
営業・デザイン統括担当

 
 

Nishino

チーフデザイナー


各種DTP・Webデザイン
動画コンテンツ作成担当

Souda

デザイナー


各種DTPデザイン担当

Kiguchi

Webクリエイター


各種Webプランニング
コーディング担当

 
PAGE TOP