北海道地震 電力のブラックアウトと普段の生活で感じたこと

このたびの北海道胆振地方中東部を震源とする地震の影響により被災されたみなさま、そのご家族の方々に心よりお見舞い申し上げます。

私たちドリームクリエイトも北海道旭川にあるため、今回の地震で少なからず影響を受けましたが、幸いにして会社やスタッフ一同は無事で済みました。しかし、思いもよらない広範囲の停電で業務はストップせざるを得ませんでした。今回、いろいろな意味で考えさせられることが多い地震であったと感じています。

 

電気に頼っている私たちの生活


ライフラインの中でも重要なウェイトを占めている電気。

今回の北海道地震ではこのライフラインが絶たれました。
北海道の電力のほぼ1/2を供給している「苫東厚真火力発電所(とまとうあつま)」が地震の影響でストップし、その影響で他の発電所もストップしてしまう「ブラックアウト」という現象が起こりました。極めてレアなケースで、全ての電源が落ちてしまうリスクは極めて低かったとは思いますが、自然災害の前ではこういった人の考えは及ばないことも多いものです。

電気は貯めることができないため、致し方のない処置なのかもしれません。発電所の設備やシステムがダウンしてしまってはもっと広範囲・長時間にわたってダメージが残ってしまった可能性があります。今回、初めて知ったのは稼働していない発電所がかなりあるということ。水力発電や火力発電も含めてですが、もう少し分散しておけばこういった事態にならなかったのではないか、と素人ながら考えてしまいました。

私たちの生活は、電気がないと何もできません。
私たちの仕事もそうです。電源供給されていないパソコンはただの箱と化し、納品や受注などもできない状態になってしまいました。

住居に関してもそうです。旭川は災害が少ないことがメリットでもありますが、そういった点があるため非常時の備蓄が個人宅ではほとんどないことです。私の自宅ももちろん最小限の食料しかありませんし、冷蔵庫などがストップしてしまったらもうどうしようもありませんでした。災害は起きてから実感することが多く、たくさんの人が今回教訓を得たのではないでしょうか。

 

もし冬だったら、と考えると・・・


今回の地震はまだこの時期でしたが、これが真冬だったら、と考えると恐ろしいですね。
北海道は冬場の方が電力消費が多く、地震が寒い時期だったらさらに被害は拡大していたのではないかと感じます。北海道の暖房は灯油が圧倒的に多くあまり関係ないように思いますが、この暖房のスイッチをいれるのは電気。電気がないと灯油も使えない状態になってしまうのです。寒い時期では外気温は−20℃を下回る北海道だと、本当に生死にかかわります。インフラ関連も含めてですが、対策が必要なのではないかと思います。

電気のない生活。
真っ暗な夜。

普段テレビやスマートフォンやゲームなどで消費している時間がいかに長いかを思い知らされたのではないでしょうか。それだけ、家族や隣人とのコミュニケーションが少なくなってしまったということでもあると思います。いろいろな方から今回SNSなどで「大丈夫?」と声をかけていただきました。コミュニケーションの大切さを改めて感じました。

 

関連記事

  1. 旭川のグラフィックデザイン 印刷 & web制作のドリームクリエイト 1周年ロゴ

    ドリームクリエイトのブログ1周年!1st Anniversary!

  2. はじめまして、新入社員です!

  3. コンテスト結果!みんなで作る!新しい米袋デザイン

  4. 生まれも育ちも北海道!やっぱり鉄板ご当地ネタ

  5. コンテンツ東京 2019に行ってきました。

  6. 新しい環境へ!事務所のお引っ越し。

  7. 私たちの強み・デザイン力とバランス「Total Suggestion」…

  8. Chromeのアドレスバー「保護されていない」警告表示が強化!どうすれ…

PAGE TOP