沖縄ドローン撮影慣行! 古宇利島〜瀬底〜ブセナテラス

10月25日から、沖縄本島にドローン撮影に行ってきました。

10月だというのに2週連続で台風が接近しており、風が強くなってきていったいどうなるのだろう、とちょっと不安になっていましたが、日程の最初の2日間はなんとか撮影可能な状態で助かりました。

25日に那覇空港に着き、その足でウミカジテラス付近を見学。ここは空港の近くということもあり、ドローンの飛行制限があるため確認するのみとしました。そしてちょっと室内の撮影をして開けた26日、レンタカーでこの日の最初の撮影地である古宇利島(こうりじま)へと向かいました。

空はすっきりと晴れていますが、台風の影響から少々風が強いのが気になります。私たちの所有しているドローンは、DJI社のPHANTOM 4Proなのですが、専用のアプリに「強風注意」のアラートが出続けていました。それでも安定した飛行ができる状態と判断し、無事に撮影ができました。

 

次のスポットは瀬底ビーチ。古宇利島から美ら海水族館方面へぐるりと廻って瀬底島へ渡りました。

6 36

ここのビーチは本当に海が透きとおっていて、キラキラと輝いていました。
青く澄んだ海、白い砂浜、突き抜ける空。どれを見ても南国沖縄そのもの。このビーチで結婚式用と思われる撮影を行っている方々もいて、きっと素晴らしい映像が撮れたのではないかと思いました。

もちろん私たちも素晴らしい映像が撮れたのは言うまでもありません。

 

3 22 04

そして最後はブセナテラスへ。
テラスのプライベートビーチを滑るように走るジェットスキーをドローンのマニュアル操作を駆使して撮影してきました。風は結構吹いていましたが、安定して飛ばすことができるPHANTOMは素晴らしい機材です。

 

一通り撮影を終えて那覇市内に戻ってきた頃にはすっかり天気も崩れ、雨がぱらつく始末。どんどんと天気は悪くなり、次の27日にはどんよりと雲って雨も強くなり、まったく撮影ができなくなってしまいました。明け方には暴風雨に見舞われ、飛行機も欠航。本当は東京に移動する予定がありましたがそれもかなわず、雨の沖縄にずっと滞在することになってしまいました。

でも、今回の撮影ではとても良い絵が撮れました。

ドリームクリエイトでは、このように素晴らしい映像を撮れる環境を整えています。全国各地どこにでもご依頼があれば駆けつけますので、ぜひお問い合わせをお待ちしております。

 

関連記事

  1. 機材紹介「DJI PHANTOM 4」ドローンで空撮!

  2. DJI RONIN-Mで手ブレなく撮影可能?〜スタビライザー動画検証〜…

PAGE TOP