見えなくたって目立つ?!影で支えるデザイナー

12月も後半に突入し、2017年も残すイベントはクリスマスと大晦日となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。年賀状や大掃除などそろそろ本気出してやらないとすぐに来年が来てしまいますね・・・。

私は何もしておりません( ´θ`)ノキッパリ

さて、今回のブログですが私が思うデザイナーという職業について少しお話ししたいと思います。

 

裏側を見ちゃう


私はありとあらゆる作品の設定資料集や制作秘話、メイキングなどを見るのが好きです。

ゲームやアニメや映画など、クリエイティブなものならなんでもです。自分が知らない作品でも見てしまいます。キャラクターデザインのボツ案とか、参考にしたものとか、あるアイデアを使ってより効果的に表現しているシーンとか、締め切りぎりぎりでどうしても追加したい要素があり徹夜して無理矢理ねじ込んだ裏話とか、作り手の方の苦労した裏側が垣間見れるのがとても好きです。

プロの方のこだわりはとても勉強になります。完成に向けて真剣に取組んでいる時だからこそ、素の意地みたいなものが出てしまう部分があると思います。とてつもない生みの苦しみを味わい、途中で着地点がわからなくなったりした事もあったけど完成できてよかった、本当に良い作品ができたと最後に思えればそれで全て報われますよね。作る人が楽しいと思って作ったのなら、多分きっと見ている人も楽しいはずです。 

 

盗んじゃう


そして盗めるものは素直に盗む派の私です。(断りを入れるのもおかしいですが、法に触れるようなものは盗みません。技術的な意味です。)

How toやメイキング動画を参考にして自分が感銘を受けたものを解釈・実践していく事が素直に上達に繋がると思います。そして更にそこに自分なりの色をつけてオリジナリティを出していければ立派なデザイナーに一歩近づけるような気がします。ありとあらゆる業種にデザイナーと呼ばれる職業の方がいらっしゃると思いますが、そのほとんどが表舞台には露出しない方たちだと思います。

ですが、その代わりに作品が人の目に触れます。顔は覚えてもらえないかもしれませんが「この独特のセンスは◯◯さんの作品だ」という風に直感的に記憶に残る事が出来るのは、他の業界にはない素晴らしい事だと思います。

 

世界に通じちゃう


そしてここには言葉の壁が存在しないのも素敵なところだと思います。言葉の通じない国の方にも作品でわかってもらう事ができます。逆もまた然りで、他の国の事を表現を通して知る事ができます。表舞台には立ちませんが輝かしい職業だと思いませんか?

私自身はデザイナーどころか人間としてまだまだ未熟なので2018年は私も輝けるよう頑張りたいです。いつも口だけ達者ですいません。

 

2017年が終わっちゃう


さて、今回は年の瀬という事もあり、最後に2017年という年を軽く振り返ってみたいと思います。

日本国内では暗いニュースが目立ったようにも思えますが、良いニュースもありましたよね。スポーツ界や将棋界やリンゴのマークの電話、新型ゲーム機、あとはパンダとか。プレミアムフライデーという言葉も流行りましたね。今となっては、プレミアムフライデーとはなんだったのか、という感じですけども・・・。
今年の自分の中の大きなニュースは、住む場所と職場が変わった事でしょうか。住む場所と言っても同じ市内での引っ越しなのでこちらはそんなに変化はありませんでしたが・・・。あとは初めて4DX3Dで映画を見た事です。パイレーツオブカリビアンの水しぶき効果でびしょ濡れになりました(笑)

私の書く今年のブログ記事はこれが最後になります。一年って早いですね!そして2018年もあっという間に過ぎ去ってゆく事でしょう・・・。来年は運動不足の解消と、ちょっとした事を面倒くさがらない!というのを目標に戦い抜きたいです。

それでは、みなさん、さようなら。来年もどうぞよろしくお願いします。

 

関連記事

  1. 50冊・300銘柄・7000種類の圧巻!紙のサンプル到着!

  2. 意外と深い!いろいろな色と深層心理の関係性

  3. 職業的デザイナーになるということ。それって楽しいの?

  4. コンテスト結果!みんなで作る!新しい米袋デザイン

  5. 意外と楽しい!?アメリカンコミックの世界

  6. 打った文字で作る!簡単な文字デザイン

  7. 2月のイベント!バレンタインとチョコレート

  8. デザイナーなら絶対にやっておきたいセンスを磨く方法

PAGE TOP