意外と深い!いろいろな色と深層心理の関係性

三月といえば卒業シーズンですね。
卒業される皆様おめでとうございます。

新たなる門出に心からの祝福をお祈りいたします。だんだんと寒さも和らいで、北海道も氷や雪が溶け始め、気温が上がっていくのを感じるとやっと春が来たなと嬉しくなります。寒色ばかりだった冬が終わり、春になると本当にたくさんのカラフルな色が街に溢れてきますよね。今回はそんな「色の力」についてお話ししたいと思います。

 

色から感じるイメージ


色にはそれぞれ意味があり、視覚の情報として目に入った時に瞬時に感じる雰囲気もあります。

例えば、赤なら「エネルギッシュ」「炎」「元気」など、どちらかというとポジティブなイメージが強いですよね。デザインの時に使う赤も、注目させて目立たせたい時やハツラツとした雰囲気を出したい時に使う色の定番です。そして、他の色と組み合わせただけでも印象がガラリと変わるのも配色の面白いところです。例えば黒。黒の組み合わせだと元気な感じというよりは少し暗い、シックなイメージになります。そして、ただ単に赤といっても明るいのか暗いのか、鮮やかなのかかすれているのかなど、選択肢はたくさんあります。そして選択肢の数だけ色から感じるイメージがあるのです。

余談ですが、こういう細かな所でデザインが一流か二流かが分かれるのではないでしょうか。スペシャルなデザイナーはやはり「これ!!!!」という素晴らしい色のセンスを持っているものなのです。

 

カラーセラピー


カラーセラピーというのは色を使った心理療法です。

好きな色を選んだり、好きな色に囲まれたりして心や体を元気にしていきます。私は専門家ではないのであまり詳しくはないのですが、色には力があるというのは分かるような気がします。おそらく、皆さんには「自分の好きな色」というものがあると思います。私はオレンジや白が好きなのですが、小学生の頃は紫が好きでした。実はこの好きな色の変化にも人間の深層心理が見え隠れしているようなのです。

パッと目に付いた色が気になったり、今まで好きだった色がそう魅力的に映らなかったり、そういう時には、今までの自分とは違う心境になった・自分に変化が訪れた時らしいのです。

 

異なる感覚を生じさせる共感覚


音が色付きで見える、ある特定の数字や文字を見ると色が浮かんでくるという特殊な感覚を持った方が稀にいらっしゃいます。これらは共感覚と呼ばれるスーパーパワーで、実は全ての人間に備わっているらしいのですが、ごく一部の人にだけその能力が現れるようです。

同じ共感覚を持つ人同士でも、見える・感じるものが違うらしく(例えば、同じ数字の「1」を見て、Aの人は青だと感じ、Bの人は黄色と感じる、など)、本当にその人個人のイメージが現れているんだなあと思います。脳や感覚の中で無意識に行われているこういった色との結びつきもとても興味深いです。

 

色の雑学


  • 色の持つイメージ
    人間が感じる色にはやはり「見た目のイメージ」というのが固定されてあるらしく、青などの暗い色の車は交通事故にあう確率が高く、シルバーなどの明るい色は事故に巻き込まれにくいと言われています。青は後退色と呼ばれ、実際には近くにあるのに色が暗いため遠くにあると感じてしまい、事故に繋がるのだそうです。
  • 黒くないのに黒板?
    学校にある黒板は昔は本当に黒い色をしていましたが、黒を長時間見るのは目によくないという理由で現在の緑色になったそうです。
  • 引っ越し屋さんのヒミツ
    引越し屋さんのダンボールに「白」が多いのは何故だかご存じでしょうか?荷物を入れて運ぶだけなら何色でも構わないと思うのですが、最近では白が主流になりつつあるそうです。これは、白という色が「軽い」を連想させるらしく、荷物を運ぶ業者の方が重く感じないようにと白いダンボールが選ばれているようです。ある一種の錯覚ですが、色ひとつで気持ちが変えられるというのは面白いですね。

 

切っても切り離せない色と生活


洋服を選ぶ時、靴を選ぶ時、家具を選ぶ時、食べ物を選ぶ時・・・。
私たちは普段はあまり意識していなくても、自分に似合う色、好きな色、美味しそうな色をきちんと決めて選択しています。デザインがまったく同じ洋服で色に様々なバリエーションがあったとしたら、やはり自分の好きなものを選びますよね。色はデザインとはまた別に、人を高揚させたり鎮静させたり、「買いたい!」「食べたい!」「手元に置いて眺めていたい」など人の心を動かす力があります。気持ちがイライラして落ち着かない時は緑色のものを側に置いたり、寒い日は暖色系の服装にしたり、家具やインテリアをリラックスできる色に統一して雰囲気を変えてみたり・・・。

それだけでも簡単に気分は良い方に変わるのですね。

皆さんも、自分の好きな色・そうじゃない色について整理してみると新たな自分が見えてくるかもしれません。色はその日の気分や感覚で受け取り方も大きく異なってきます。色やデザインのお問い合わせもぜひドリームクリエイトにお任せください。最適なご提案ができるかと思います。

 

関連記事

  1. もし○○だったら!?夢と夢占いと夢のようなお話

  2. 意外と楽しい!?アメリカンコミックの世界

  3. 職業的デザイナーになるということ。それって楽しいの?

  4. 打った文字で作る!簡単な文字デザイン

  5. コンテンツ東京 2019に行ってきました。

  6. はるかぜとともに 〜北海道の長い冬の終了〜

  7. 新年明けておりますが・・・!干支と日本の豆知識

  8. すごいぞ旭川!帰郷半年目で感じる魅力紹介

PAGE TOP