職業的デザイナーになるということ。それって楽しいの?

ドリームクリエイトはデザイン中心のお仕事をしている旭川の会社ですので、働いているデザイナーさんも当然存在します。日々パソコンのモニタ−画面と向きあい、クライアントの要求に応えるべく日々奮闘をしているデザイナーさんには本当に感謝、感謝なのですが(もちろん私自身もシゴトしてますが)、ちょっと疑問に思うことがあります。

それは、どうやってこういった技術や知識を身につけたのか、ということ。

もちろん、採用時の履歴書や職務経歴書を見返せば、「ああ、この人はこの学校出てたんだ!」とか「えっ?意外とこんなことやってきたんだ」となるわけなのですが、果たしてその学校やら他の会社やらで「何をしてここまでなったのか?」というのがヒジョーに気になります。今回は、これからデザインを始めよう! またはデザインのお仕事がしてみたい!という方に向けて、「何をしたら1番近道なの?」という大胆なお話しをしてみたいと思います。

そもそもデザイン自体を楽しいと思う環境を作れるか


もちろんデザイナー志望なわけですから、そこに至るまでの過程はなんとなくわかる気がします。

  • 小さい頃から絵を描くことが好きで、小学校の時パラパラ漫画を教科書に書いていたら先生に怒られた
  • とにかくアニメ好き。こんな絵が描けたらなあ、と思って見よう見まねで初めて気が付いたらそればっかだった
  • 昔見た1枚の絵が忘れられない。
  • 子どもの頃から勉強が苦手。人に自慢できる(あるいは秀でている)ものは絵ぐらいだった
  • 中学校の美術の時間が唯一私の輝ける時間だった。
  • とにかく、人と違うことがしたい。

・・・ドリームクリエイトにいるデザイナーさんがすべてこれとは限りませんが、だいだい当てはまってるんじゃないかと思っています。今デザインのお仕事をしている人も、やっぱりどれかに当てはまっているのかなあ、と考えたりもしています。そんな私も、中学校2年生の通信簿で美術の欄だけが突出して良く、ちょっと勘違いをしたところから始まります。デッサンは褒められるほどうまくて、でも色を塗ると怒られるくらいド下手になるというおかしな子でした。

そんなことはともかく、職業とした時にでも「楽しいと思えるのか?」ということが大切です。
自分で絵を描いている時は、自己満足の究極形です。でも職業になったら、誰かのために絵を描き、誰かを満足させる絵を描き、誰かに見てもらえる絵を描かなくてはなりません。要は、自分の描きたくもない絵を描けるかどうか(結構ぶっちゃけて言ってしまいますが)、という点です。ちょっと極端かもしれませんが、それでも楽しいのか、それでは楽しくないのか、の部分が職業にできるかできないかの分かれ道なのかもしれません。

で、よくやってしまうことが1番最初に分厚いリファレンス本などで勉強を始めてしまう、ということです。
気合いの空回りというヤツですね。あるいは配色の理論や色彩のイロハ、理想的な構図などの知識から詰め込もうとすることです。

もちろん、それはとても大切なことなのですが、内容が訳わからなくて挫折・頓挫してしまう人が多いんです。タダでさえ勉強がイヤでデザイナーになろうとしたのに。そんなことは後回しにして、まずはなんでもいいから「自分でもできる!」という体験をすることが大切です。PhotoshopでもIllustratorでもなんでもいいから見よう見まねで触ってみることがいいと思います。

テクニック面だけ追い求めるようなことはしない!


ちょっとPhotoshopやIllustratorを使えるようになってくると、誰でも思うのですがTips集などに記載されている難しいことばっかり試してしまったり、追求してしまったりしがちです。アルファーチャンネルがどうとか、ヒストグラム上でのカラー分布がどうとか、ブレンドオプションがどうとか・・・

でも!
大切なのは「ツールはツール」ということを忘れてはいけません。それは何のために覚えているのか?実践で必要なのか?クライアントに求められているのか?デザインした完成品は、「一般的なごく普通の人」が見ます。テクニックやらなんやらをひけらかしたところでそれを褒めてはくれません。肝心なのはその完成品が響くか響かないか。最高級の絵の具や画材を使ったところで、印刷されて(あるいはWeb上で)配布されてしまったらそれがわからないのと同じことです。

目的と手段をはき違えず、なんのためにそれを勉強しているのか?ということをよく理解しましょう。あ、これはデザイナーさんだけではなく他の職業にも当てはまることですけれどね。

良いモノを見続け、良いモノを得る


この時代、ネットや本を漁ればPhotoshopやIllustratorというツールをある程度使えるようになり、そしてある程度の作品を創出することは可能です。でも、これだけでは自己満足の域から飛び出すことはできません。やはり、毎日のインスピレーションや刺激というモノが必要不可欠になってきます。学校に通うことが必ずしも必要、とは言いませんが、やはり周りがそういった人たちばかりであれば、受ける影響も相当なものになります。また、OJT扱いでも良いのでどこかのデザイン会社に体験で何日間か行ってみるのもいいでしょう。自分のやって来たことが正しいか正しくないのかの判断も付きますし、「活きたテクニック」「経験値に基づいたアドバイス」「これだけは外せないメソッド」などはやはりこういった環境でしか得られないものです。

デザインは一度学んだらそれでおしまい、という類いのものではありません。トレンドも追わなくてはならないし、クライアントの要求や好みも刻一刻と変化します。新しい技術や工法もどんどんと出てきますし、表現などはもっとめまぐるしく変わってくるでしょう。3年前に「良い」とされてもてはやされたデザインだって、今見たら「ダサっ」ってこともたくさんあるはずです。

デザイナーにとって1番怖いのは、一度身につけた技術に固執して(あるいはこれが1番と思い込んで)先に進まないことです。確かに、デザインとしても成功事例は大切。でもそこに立ち止まってしまったらそれ以上の成長はありません。自分自身の「色」を作るのも大切だけど、それは「巨匠」と呼ばれる人になってからでOKです。企業デザイナーはいろいろなデザインに対応できて、汎用性のある人の方が好まれます。もちろん、クライアントにしてみても、いろいろなアウトプットを提供してくれたり提案してくれたりするデザイン会社の方がありがたいってもんです。「うちはこのカラーでやってますから」という会社に誰が発注するんでしょうか・・・

いろいろな要素を身につけて、知らないことにどんどんチャレンジする。そしてたくさん情報発信して吸収する。これらを意識してほしいなと感じています。

ドリームクリエイトのデザイナーさんも日々たくさんの案件をこなして経験を積んでいます。そしてデザイナーさんひとり一人がライバルです。また、いろいろなアウトプットをしている関係上、枠にはまった考え方が嫌われます。デザインを始める、あるいはこれからそういった会社で働いてみたい、と思うのであればできるだけこういった環境が作れるようにするのが、最大の近道なのかもしれません。

 

関連記事

  1. コンテスト結果!みんなで作る!新しい米袋デザイン

  2. 2月のイベント!バレンタインとチョコレート

  3. 見えなくたって目立つ?!影で支えるデザイナー

  4. デザイナーなら絶対にやっておきたいセンスを磨く方法

  5. 意外と深い!いろいろな色と深層心理の関係性

  6. コンテンツ東京 2019に行ってきました。

  7. 意外と楽しい!?アメリカンコミックの世界

  8. 50冊・300銘柄・7000種類の圧巻!紙のサンプル到着!

PAGE TOP