東京はクリエイティブな仕事には不向き!? デザイン会社から見た旭川

ドリームクリエイトという会社や旭川という場所に関して、少しお話ししたいと思います。

きっと、「ドリームクリエイト」という名前の付く会社さんは日本全国にいくつかあると思いますが、おそらく最北のドリームクリエイトだと思います。場所は、北海道旭川市。北海道のほぼ中央にあってしかも北海道最大の大きさを持つ上川盆地の中にあります。盆地、という言葉から連想するとおり、夏はとても暑く、冬は非常に寒くなるのが特徴です。

旭川の夏は30℃を超えることは当たり前。そして真冬は-20℃を下回るという寒暖差が魅力です。逆を言ってしまえば、四季が非常にハッキリとしていてわかりやすい、というところが良いですね(まあ四季といってもきっちり3ヶ月ごとに移り変わりはしませんが)。

3487923487

そんな旭川は、近くに北海道を代表する観光地である富良野や美瑛などがあり、有名な「旭山動物園」がある場所です。北海道第二の都市ではありますが、どちらかというとのんびりして基本的に田舎です。日々の暮らしには困らないし、大体のものは揃っている、そんな街なのですが意外とクリエイティブな職種が多かったりします。

私たちドリームクリエイトも、デザインやコンテンツ作成といった業種に分類されますのでクリエイティブな職種と言ってもよいのではないかと思います。なぜかな、と考えてみると、やはり環境に起因するものが多いのではないかと感じます。ちょっとアイディアに煮詰まったり、色使いなんかに苦悩したりした場合には、気分転換をする環境がたくさんあるんです。

近くには川が何本も流れていて四季折々の表情を見せてくれますし、ビルがあると言っても遠くを見渡せるし、車でちょっと走れば田園地帯や丘陵地帯がすぐやってくるし、で、気分やモチベーションを維持するにはとってもよいのです。きっと、そんな風に思っている人はジツはたくさんいるんじゃないかと思っているんです。私自身、旭川の出身ではないんですが、すっかり気に入ってしまっています。

12989

クリエイティブなシゴト=TOKYO みたいな構図があると思いますが、私は必ずしもそうは思いません。東京出身の私が言うのですから間違いないと思います。だって、東京は—

  • 過酷な通勤ラッシュ。出勤するだけで疲れちゃう
  • どこにいってもビル、ビル、ビル。環境の変化が少なくて気分転換が難しい
  • 慢性的な渋滞。日々の騒音。キレイとは言えない空気
  • 人の多さに疲れちゃう。でも近所の人はどんなヒトか知らない
  • 生活リズムの違う人がたくさんいすぎて、乱されたりそもそも合わなかったりする
  • 家賃高い・生活費高い・食事代高い・なんでも高い・デート代も高い

ほら、どうです?とても何かを生み出す環境とは思えない。

29857489

もちろん、クライアントは多くシゴトも集まる場所ですから、ビジネスをする環境としてはまあ最適なのかもしれません。でもモノを創り出す環境は、絶対に旭川は負けていないと思うんです。もちろん、使っているパソコンやアプリはTOKYOと同じだし、デジタルツールを使えばコミュニケーションだって取るのはカンタンです。また、旭川は災害が少ないことも特筆点。大きな地震のリスクや台風のリスクもかなり低いと言えます。事業継続の観点(いわゆるBCP=Business Continuity Plan)からもバッチリです。

ドリームクリエイトは、そんな旭川という場所にこだわって起業し、仕事を続けています。それは、ここが環境として最高だと思っているから。最高の環境からは最高のモノが創り出されると信じているから。最高のモノからは、最高の満足や喜びが生まれると確信しているからなんです。

ドリームクリエイトは、そんな環境で、皆様からのお仕事のご依頼を待っています。各種DTPデザインやコンテンツ作成はもちろんのこと、マーケティングや広告、さらにはドローン撮影も可能です。写真の素材作りやイラスト制作もお任せください。

 

関連記事

  1. ドリームクリエイトという会社 —応募する皆さんへ—

  2. コンテンツ東京 2019に行ってきました。

  3. もし○○だったら!?夢と夢占いと夢のようなお話

  4. 50冊・300銘柄・7000種類の圧巻!紙のサンプル到着!

  5. Chromeのアドレスバー「保護されていない」警告表示が強化!どうすれ…

  6. 私たちの強み・デザイン力とバランス「Total Suggestion」…

  7. 食におけるデザインと体験を考える

  8. 生まれも育ちも北海道!やっぱり鉄板ご当地ネタ

PAGE TOP