旭川で!行楽シーズンにオススメの時期や場所とは?

旭川の春はまだ遠き春。行楽シーズンにオススメの時期や場所とは?

北海道も少しずつですが、暖かな日が増えて来ました(暖かな日=最高気温が氷点下にならない日)。
本州では3月も中旬頃からでしょうか、たくさんの桜が咲き始めて見頃になって来ますね。私も東京に住んでいた時は、「3月なのに暑い!自転車使える!花粉すごい!」と驚いていました。

旭川の雪解けが終わるのは4月中旬頃、なので桜が徐々に咲き始めるのはGW頃となるのが常となっていますが(天候により早まったり遅くなったりはします)、花見をしながらジンギスカン(言うまでもなく羊肉ですね)…というのはまさに定番です。某番組で「道民は桜の木の下でジンギスカンをするらしい」と紹介された時、本州の友人にも「本当にやるの?」と少々驚かれましたが、「私は桜の木の下どころか、草を食む羊たちを眺めながら羊肉を楽しんだ事もある」と喉まで言葉が出かけたところで、「そだねー」とうなづいた記憶があります。

逆に私が本州で花見を楽しんだ時。
その時に行ったのは吉祥寺や石神井公園なのですが、ビニールシートを広げてお弁当やお酒を楽しむ人こそあれ、煙だらけ!なんてことがなかったのは「視界がクリアだ・・・確かにこれなら本来の意味での花見ができる」と感慨深く思ったものです。

 

旭川で桜を楽しむには


前述にもありますように、桜の見頃時期は大体4月中旬から5月初旬頃です。
桜を見ることができる場所は限られてくるかとは思いますが、私が小さい頃に見に行ったのは、

  • 常盤公園
  • 男山自然公園
  • 旭山動物園(旭山公園)

でした。私自身もう20年以上前の記憶なので、ルールなど色々変わっているかもしれません。ご観光の際は施設などのHPで事前確認をして下さい。男山自然公園へは、桜を見に・・・よりはカタクリの花を見に行った記憶の方が鮮烈です。カタクリは4月から6月までに咲く花で、紫色の花弁が綺麗な花です。お気付きでしょうが、そう、片栗粉のカタクリです。この時期になると観光のお客さんがちらほらといらっしゃるので、当時は甘酒も売店で売っていたりしていました(現在は甘酒があるかは不明です)。

昨今、観光客や見物客などによるポイ捨てやルール違反などの問題が目立つようです。
花を楽しむには、地域それぞれのルールやマナーを守って楽しんで下さいね。

 

BBQにテント!アウトドアに最適な公園!


春の行楽シーズン。
・・・にはまだ早く、北海道は雪もまだ残っています。

まだ解放していないキャンプ場も公園も多いでしょうが、ここはひとつ先駆けて。

旭川でも一部の場所では、炊事場やキャンプ場、コテージなどが設備されているまさにアウトドアにうってつけな場所があります。私がよく利用したのは春光台公園のキャンプ場です。時期は5月によく利用していました。学校や地域の行事の利用も多いそうで、広々と使えつつ賑やかな雰囲気でした。

七輪と炭を持参して、広々とした青空の下で焼く肉のなんと美味たることか・・・。
飯盒で炊くご飯は、今思えば初めて自分で炊いたご飯でした(炊飯器のスイッチも押せなかった小学生時代)。夜は街の光も遠く、晴れた日の星空は広大な海に落ちたような錯覚を覚えるほど。流れ星は、実は結構多く流れていると知ったのもその時です。

春光台公園のキャンプ場の解放は5月1日から10月31日までとなっているようです。
施設や受付方法、ルールなどは春光台公園グリーンスポーツ施設キャンプ場のWebページでご確認ください。

少し早いですが、ここ最近の急速な雪解けに春の訪れを感じ、一足先に浮かれ気味のNでした。
桃の節句は過ぎましたが、毎日のように桜餅(桜道明寺)を食べているからでしょうか。
暖かな春の日差しが待ち遠しいですね。

 

関連記事

  1. 新年明けておりますが・・・!干支と日本の豆知識

  2. そろそろ新生活の準備。旭川で住むなら・・・!

  3. すごいぞ旭川!帰郷半年目で感じる魅力紹介

  4. 癒される毎日。我が家の愛猫のお話し

  5. 意外と楽しい!?アメリカンコミックの世界

  6. もし○○だったら!?夢と夢占いと夢のようなお話

  7. 2月のイベント!バレンタインとチョコレート

  8. 癒やし効果絶大?ありきたりですが猫の日!

PAGE TOP